loading

株式会社メディカルガーデン

新着情報

不眠症地域連携セミナーに登壇致しました。

2020/12/15

12月11日にエーザイ株式会社様主催の不眠症地域連携セミナー~在宅診療における不眠症治療について多職種で考える~

について、弊社薬剤師の島田が登壇させていただきました。

在宅における不眠症の問題として施設職員様の深夜業務にあたり、

①認知症周辺症状を発症している方は特に、夜間コールが頻回になる。

②夜間徘徊することで他人の部屋に入ったり、夜間大きな物音を立てたり、
隣の居室の方に迷惑をかける。さらには、不眠の連鎖反応が起こる。

③夜間は日中より施設スタッフが少ないため、本当に必要な対応が遅れる可能性がある。

といった施設職員様のご負担がございます。

不眠症の薬物治療が開始される際は在宅では、本人だけでなく、ご家族や、ご施設ならば看護師や介護士の皆様の負担も考慮に入れ、薬物治療によるリスクを検討した上で開始する。
同時に、不眠の原因となっている生活習慣の改善と、治療薬のやめどきも多職種で、共有しておき、生活の質を損なわないよう努めるべきと進言させていただきました。

薬剤師がチーム医療における職能を発揮することで患者様だけでなく、看護師の皆様のご負担を軽減できるよう、努めて参ります。

新型コロナウイルス感染対策について、シルバー産業新聞に掲載されました。

2020/12/14

この度、2020年12月10日(木)発行のシルバー産業新聞にて弊社の新型コロナウイルス感染対策について、紹介されました。

クリックで拡大

シルバー産業新聞12月10日号

弊社では薬局内の空間除菌に対し、微酸性次亜塩素酸水を用いて、待合室や調剤室にて散布およびふき取りを実施しております。

アルコールは引火の危険性もあり、高頻度で使用することによるアルコールアレルギーを発症する恐れがあります。
その点、微酸性次亜塩素酸水は皮膚への影響が最小限となっております。

また、薬局内での感染を防ぐためにゾーニングを実施し、お客様および職員の感染リスクの低減に努めております。

今後とも地域に貢献できるよう取り組んで参ります。

コロナウイルス関連のおすすめ記事

新型コロナウイルス等に対する弊社の対策について
 
新型コロナウイルス等に対する弊社の対策について(2)
 
電話による服薬指導について 新型コロナウイルス感染の拡大防止の目的
 
新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた弊社の取り組み
 
新型コロナウイルス等に対する弊社の対策について(4)

施設在宅事例 ポリファーマシーへの取り組み事例①

2020/12/08

弊社では海老名市を拠点として在宅訪問に特化した運営をしております。

介護福祉施設において、薬剤の管理および服用後の症状についてお困りのご施設様も多いのではないでしょうか。

弊社は薬剤のセッティング管理の他にも医師の訪問診療に随行し、薬剤のアドバイザーとして診察に同席をさせていただいております。

その中で、今回減薬の取り組みについて、事例を以下記載致します。

【他職種からのご相談内容】

振戦により介助なしでの食事が困難

【検討事項】

不眠、不穏などの症状はないが、定期服薬14剤(精神系薬4種服用)

【担当医師へのご相談内容】

スルピリド50㎎3Tによる錐体外路症状の疑い強く、スルピリドに中止と睡眠剤の減量を医師に提案

スルピリド50㎎3T、ゾルピデム5㎎1T、ミルダザピン5㎎1T、アロプリノール100㎎1T中止のご判断を頂きました。

【経過】

その後、振戦は全く見られなくなり、食事もご自身で摂取できるように回復。

以上

今後とも在宅訪問において患者様の生活の質の維持向上を目指して取り組んで参ります。

弊社の在宅訪問において、詳細はこちら

採用エントリーページはこちら

 

採用について、ご不明な点などもLINEでお受けしております。

 

個人宅事例 服用負担に対する事例①

2020/12/04

弊社では海老名市を拠点として在宅訪問に特化した運営をしております。

薬局において在宅医療への対応が必要となる中で、実際にどのような事例があるか懸念されていらっしゃることではないでしょうか。

そこで、今回は個人在宅における服用負担に対する事例を以下記載致します。

患者様のご要望に対して、医師に薬のご相談をするケースがあります。

【服薬剤数】

朝7錠、昼2錠、夕4錠 就寝前1錠

【患者様からのご相談内容】

服用忘れはないが1回の服用数が多いため、服用することが大変と日頃からおっしゃっていた。

【担当医師へのご提案内容】

医師に状況を報告し、アンブロキソ―ル15㎎ 3T分はOD45㎎があること。
ファモチジンOD10㎎はPPIなら1日1回服用になることを提案。
また、患者様より薬が大きいのは飲みにくいと相談があり、デキストロメトルファン15㎎をメジコン錠15㎎に変更いただくご判断に至った。

【経過】

変更後、容態も問題なく、薬の良が減り、錠剤も小さくなったため、飲みやすくなったとお言葉をいただいた。

以上

今後とも在宅訪問において患者様の生活の質の維持向上を目指して取り組んで参ります。

弊社の在宅訪問において、詳細はこちら

採用エントリーページはこちら

 

採用について、ご不明な点などもLINEでお受けしております。

SDGs達成への取り組みについて

2020/12/03

弊社では、SDGs の達成に向けて日々取り組んでおり
薬を通じて健康増進や未病状態の改善・維持に向けた取り組みを行っております。
この度横浜銀行様を通じ、神奈川県内のSDGs に資する5団体に10 万円を寄附致しました。
横浜銀行のSDGs私募債 発行企業一覧にて紹介されました

その取り組みについて、この度横浜銀行様より感謝状を頂きました。

 

先日は海老名市及び、小田急電鉄株式会社様、社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス様、株式会社ルネサンス様と健康増進事業に関する包括連携協定を締結し、「ウェルネス」をコンセプトに(仮称)サービス棟の開発に向けて参画する運びとなりました。
海老名駅間地区の開発エリアについて、タウンニュースに掲載されました。 |

引き続き、神奈川県そして海老名市に貢献を行って参ります。

関連記事

横浜銀行のSDGs私募債 発行企業一覧にて紹介されました

海老名駅間地区の開発エリアについて、タウンニュースに掲載されました。 |

TOP