loading

株式会社メディカルガーデン

新着情報

【社員紹介】薬剤師 店長 (中途 2年目)

2020/11/28

 

在宅訪問のやりがいについて教えてください。

在宅訪問の魅力は訪問診療に同行する際に医師の処方決定の流れが見えることだと考えています。
通常の外来業務では処方箋から病状を読み取り、判断が難しい場合は疑義照会をかけて確認をします。
一方で訪問診療では、同行をすることで患者様もしくは介護者様よりご容態を聞き取り、その結果に応じて行われる処方変更の一連の流れが理解できるため、より患者様に適した薬の提供ができます。
また、医師から薬について相談を受けることがあり、薬学的な知識を発揮できる機会が増えたこと、看護師や介護士といった他職種と連携し、チームとして医療に取り組めることもやりがいに繋がっています。

転職活動を考えたきっかけは何ですか。

前職でも在宅訪問に取り組んでいましたが、今後のキャリアを考えたときに、より自分が社会や会社に対して出来ることを確実なものにしていきたいと思うようになりました。
今まではがむしゃらに働いてきましたが、ふと思い返したときに自分のスキルとして身についたものはあったのか、中途半端にその場しのぎでこなしているだけではないのかと考えるようになり、新しい職場で一から着実なステップアップをしていきたいと考えるようになりました。
また、前職では心身共に負担が大きかったこともあり、ワークライフバランスを確保して働いていきたいとの思いから、まずは色々な会社を知っていきたいと考え転職活動を始めました。

メディカルガーデンを選んだ決め手を教えてください。

会社を選ぶときに経営方針や経営戦略を一つの要素として気にしていました。 地域密着という言葉はどの薬局も念頭においていますが、
特にメディカルガーデンは海老名駅から半径2 km以内にすべての店舗を集約しており、そこに店舗間の近さを利用した欠員発生時の他店舗応援といった連携、在庫の適正化といった利益に繋がる戦略を含ませている点に魅力を感じました。
さらにあえて少数店舗で運営をすることで固定費を削減し、1店舗当たりの利益を重視する経営方針が戦略として理に適っていると感じ、会社の安定性にも繋がると思い志望しました。

 

店長になってみてどんな変化がありましたか。

店長になることで職員からの報告、相談が多くなり、各員の仕事に関する不満や意識をより考えるようになりました。
考え方は人様々で、20人近くの人員が協力して仕事に取り組んでいるので、皆さんが気持ちよく働けるようにサポートしていきたいと考えています。
業務面では報告連絡相談を皆さん徹底していただいていることもあり、情報が多く集まるため、様々な事で判断をしなければならない場面が増えました。
まだ自身で判断できない部分は取締役に相談をしつつ進めていますが、今まで経験のなかったことに取り組むことが出来ているのは自身の業務の幅を広げていくことになり、転職した目的を果たせていると思っています。

 

メディカルガーデンに転職をしてみて

前職では介護付き有料老人ホームの施設在宅のみを行っていましたが、メディカルガーデンでは個人在宅、施設在宅でもサービス付き高齢者専用住宅やグループホームといった今まで未体験だった事業形態に取り組ませて頂いています。
個人在宅ではより患者様自身と接する機会も増え、サ高住では介護士さんと接する機会が増えました。
医師、看護師、ケアマネージャー、介護士等患者様を取り巻く他職種と様々な形で連携することで、薬剤師としての職能と楽しさをより一層感じています。
今後社会に必要とされる薬剤師であるためにも、より一層研鑚し、自身の職域を広げていければと思っています。

 

採用エントリーページはこちら

 

採用について、ご不明な点などもLINEでお受けしております。
友だち追加

TOP